カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
七五三 3歳着物(被布コート)セット 七五三 5歳男の子着物フルセット 七五三 7歳女の子着物フルセット

七五三着物の着付け(男の子)

着付けマニュアル 女性浴衣男性浴衣女児祝い着男児祝い着
  ◆祝い着の着付け(五歳男児)
【1】えもんは抜かず、えり合わせはのどのくぼみをかくすように、ぴったりと。
【2】ひもは身八つ口くらいの高さに、下前、上前ともつけておき、結びます。
丈は短めにします。
【3】きもののえりは、半えりにぴったりとつけ、半えりは1センチくらい見せます。
【4】きものにも、つけひもをつけておき、苦しくないように結びます。
  ◆角帯の結び方
【1】角帯の手先の帯幅を、20センチくらい二つ折りにし、背中心に当てます。
【2】背中心からは帯幅を広げながら前に回します。(この時はかまの高さを測って帯の位置を決めます)
【3】帯を二巻きしたら、背中心で手先を垂れの上に交差させます。
【4】胴に巻いた帯の上側のところで、一結びします。
【5】垂れ先から10センチくらいの長さを測ります。
【6】長さを決めたら、垂れを胴寸法に巻き込みます。

【7】で巻き込んだ垂れの中央を、真ん中で二つに折ります。

【8】7の中央に、手を上からかぶせます。
【9】手は裏側を通し、右上に出します。
【10】さらに手先を下に向け、胴回りの帯の中を通し、下に引き出して出来上がりです。
【11】はかまの邪魔にならないよう、きもののすそを上げ、帯にはさみ込んでおきます。
【12】きもののすそをはさみ込んだ、前姿です。

  ◆はかまをつける

【1】子供の場合、すべって落ちないように、帯の上側にはかまの位置を決めます。
【2】そのまま前ひもは後ろに回し、帯結びの上側で交差させます。
【3】落ちないようにひもを一結びし、左右の帯を持ち上げるようにして前に回します。
【4】前に回した前ひもは、上前の方のひもを上にして重ねます。
【5】そのまま一結びし、もう一度ひもは後ろへ回します。
【6】後ろの一文字結びの下で、前ひもをゆるまないように二度がけして結びます。

【7】後はかまのへらを帯ときものの間にはさみ、腰板を帯び結びの上に安定させます。

【8】後の左ひもにお守りを通しておき、後ろひもを前に回します。
【9】前に回した後ろひもは、上前の方を上にして重ねます。
【10】上前のひもだけを前ひもに通し、一結びします。
【11】さらにしっかりとかた結びにしておきます。
【12】右のひもを結び目の下から出して、立てておきます。
羽織を着、懐剣は帯の一巻目と二巻目の間にいれ、その右寄りに扇子を差して出来上がりです。
【13】前に回した後ろひもは、上前の方を上にして重ねます。
【14】前に回した後ろひもは、上前の方を上にして重ねます。
【15】前に回した後ろひもは、上前の方を上にして重ねます。